Youtube保存 Youtubeの動画を簡単にダウンロード保存するのにおすすめなのが、MXONEという動画ダウンロードソフトです。IEで動画を再生させて1クリックでYoutube動画をダウンロードできます。

~MXONEの詳細はこちら~


Youtubeの動画再生回数を増やす4つのポイント

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Youtubeの再生回数を増やすには大きく分けて2つの方法があります。

  1. 面白く興味深い再生されるような動画をアップする
  2. たった5つのポイントを抑えて動画投稿する
1番は当たり前ですね。つまらない動画をアップしては再生されることはありません。

この記事では2番の再生回数を増やすために抑えておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。

Youtubeの再生回数を増やす4つのポイント

1.動画タイトル

アップした動画を見てもらいたいユーザーに響くようなキーワードを詰め込みます。例えば、冷蔵庫を比較したいと思っているユーザーに対しては「冷蔵庫」「比較」という単語は必須です。

2.説明分

動画に関する説明を2~3行ほどで簡潔に書きます。その際、動画タイトルと同じく、関連キーワードを詰め込みます。

3.動画タグ

具体的なキーワードを盛り込みます。上記の例でいうと「冷蔵庫」「比較」です。

 

 

さてここまではかなり一般的な基本的な方法ですが、
次以降がアクセスを大幅に増やすかなり重要なテクニックとなります。

 

その前にまず、ユーザーがどのような経路で動画を見つけ再生するのかを説明しましょう。

一番多いのは検索して訪れるパターン。Youtubeの検索窓で自分の観たい動画のキーワードを打ち込み出てきた動画を再生します。

次に多いのは関連動画からのアクセスです。

実はここが非常に重要。新規で動画を見つける場合のほとんどの場合は関連動画です。それでは以下に関連動画からアクセスを流すのかを説明します。

 

4.関連動画に自分の動画を表示させるテクニック

関連動画に自分のアップした動画を表示させる方法のひとつ。
それはオリジナルのタグを作り、設定する方法です。

例えば、「XXX」という他のユーザーが使っていないようなタグを作り、設定。そして、自分のチャンネルでアップしている動画に全てこの「XXX」タグを設定します。すると自分の動画が再生された時の関連動画が全て自分のチャンネルの動画でうめつくされます・

次に同じジャンルのライバル動画と同じタグを動画に設定し、説明文からアクセスを送る方法です。

設定しているタグを調べる方法を参考に同様のタグを設定します。(全く同じのタグを設定しているとペナルティを食らう可能性があるので、重要なキーワードをいくつかピックアップして設定しましょう。)

説明文からリンクを送る方法ですが、「なぜライバルにリンクを送るのか?」

Youtubeは機械的に関連性を評価しています。自分の動画からライバルへの動画への流入が非常に多いとなれば、Youtubeは自分の動画とライバルの動画との関連性を高く評価せざるをえません。

結果、関連性が高くなり、相手の関連動画に自分の動画を表示することができるようになります。

 

裏技)再生回数を購入する

実はYouTubeの再生回数は購入することが可能です。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n143501980

Youtubeは再生回数が多い動画ほど、高く評価しますので、このような方法でまずは手っ取り早く再生回数を稼ぐという方法もありなのかと・・・

ただし、規約違反にもなりますし、どのような方法で爆発的に再生回数を増やしているのかは定かではありません。

Pocket

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ